最近、おすすめのもの・こと

(その一) 洗濯洗剤は、ファーファ。

ファーファの香りが好き。

最近、柔軟剤など、いろんな凝った香りが出ているけど、

ファーファは、せっけんぽさと、フローラルの香りが、ちょうどよい加減。

やさしい香り。

洗濯するもの、いい気持ち。



(その二) ラジオ習慣。

テレビを消して、ラジオをつけることが増えている。

これも、授乳のために深夜起きるようになって、ラジオを聴き始めて、

あらためてラジオが身近になったせい。

最近は、深夜の授乳回数が減ったおかげで、

ラジオはもっぱら、家事の合間につけて聴くようになった。

ラジオって、テレビより、パーソナリティーや出演者との距離が近いし、

情報もなかなか質が良くて、幅広い。

音楽に限らず、芸能人や、なにかの活動している人や専門家など、面白い話がきける。

テレビは最近、どのチャンネルをつけても似たような内容「ばかりで、

芸能人の内輪盛り上がりできな内容や、プライベートの切り売り的な内容が多く、「つまらないと思いはじめていた分、

ラジオのクオリティの意外な高さに、驚いている。

自分だけではあまり知ることのできない、素敵なミュージシャンや音楽に出会えたりする。

最近、ラジオで聴いていいなと思ったアーティスト、曲たちを列挙すると。



KANって、『愛は勝つ』のイメージが強すぎて、ほかの曲知らなかった。

でも、この曲、ラジオで聴いて、いいな~とすんなり入ってきた。



もう一人、ラジオで発見したアーティスト。

ウクライナの伝統楽器・バンドゥーラ奏者、カテリーナ・グジーさんの生演奏も、感動的だった。

ラジオだと、生演奏も、本当に直接リスナーに呼びかけて、響いてくる感じがする(テレビのような距離がない)。

「ハナミズキ」や、「見上げてごらん夜の星を」がよかったな~。


カラオケ番組にも出演していたみたいだけど、そちらの動画は貼り付けられなかったから、こちらを↑。

バンドウーラで歌っているほうが、彼女の声に合っていて、とてもよい。

正直、ラジオで歌声を聴いたときも、なんだか涙がちょちょぎれそうだった。

伝統音楽の、「黄金の花」は、こちら↓。




この方のお姉さん、ナターシャ・グジーも、最近、ちょっとテレビに出ていたらしく、動画も沢山。

チェルノブイリ出身で、福島や原発問題など、メッセージをこめた活動をしているみたい。

切ない歌が多いのだけど、こちらも一度聴いたら、忘れられない世界観。

一言で、”祈り”そのもの。







「防人の歌」。

歌って、唄う人でこんなにかわって聞こえるのね。

歌詞のフレーズフレーズが、一粒一粒、立ってるかんじ。



車の中で聴いた、この曲も、耳にとまった。



歌手たちひとりひとり、思いがこもってるせいか、耳に残った。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top