自分を愛することを、学ぶ。

色々なことが、かなり動き出しています。

人って、同じ場所にはいられないようになってるみたい。

つねに変化している。

混乱してるっちゃ、混乱してる。

でも、これはたぶん、水の底に溜まっていた泥が出てきただけで、悪いことじゃないと感じている。

必要な過程。さらに成長するために、よくなるために。

水がさらにきれいになるために、まずかき混ぜて、泥を掬う必要がある…ってイメージ。

知名さん流にいえば、これまで臭いものにフタして生きてきたものが、一気に溢れた感。

「我慢強い」ということは、「自分に鈍感」とも言い換えられるな、と感じている。

繊細に、正直に生きてきたつもりが、全然まだまだ、だった。

ああ、そういうことかと。雑に生きてきたなあ~と。


結局、自分を愛すことを、学ぶということ。

愛してないわけじゃないと、思っていたけど、

他人とじぶんを天秤かけたとき、へたすると、相手を優先してしまう。

その無意識の自己犠牲。

それは、とても、じぶんをないがしろにしてることだったんだな、と。

自分のことも大切にし、相手も尊重し大切にするやり方が、きっとあるはず。




いよいよ変わらないとはダメなのだと、こころのどこかで、直感が教えてくれている。

すべてのキーは、わたし自身が握っている。

相手が変わらないと、嘆いていても、だめ。

自分が変わると決意し、行動すれば、必ずどこかに解決はあるし、

解決法が結局なくても、

やることやりつくしたら、後悔はないだろう。






昨日、一昨日と、長野・松本方面に行ってた。

久しぶりの旅行。

土地のエネルギーって、こんなに違うんだーと感心。

今でも、旅のエネルギー、長野のエネルギーが、わたしの中に残っている。

予想外に、よかったです。松本、そして、信濃大町や、安曇野。

じぶんを思い出して、すこし、自然体の自分になった気がした。

安曇野ちひろ美術館が、とくに、導かれた気がした。

そのすばらしいフィーリングについては、また後日。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top