光と風と水と。

ARTICLE PAGE

聴く

author photo

ByMari

家族にしか話さず、ひとりで抱えていたことを、
ざっくばらんに第三者に話してみて、
意見を聴いてみる・・・ということを、ここのところしている。

案外、予想と違った意見が聴けて、参考になる。

じぶんだけで考えていると、ろくなことないな~と思った。

でも、結局、最終的に選択し、決断し、行動するのは、じぶん自身だったりするので、

よくよく内を整理して、本心に正直に生きていかなきゃな~とおもう。


ちょっとしたことが、ものすごく辛くかんじたり、嫌に感じたり、深刻に思えるとき・・・というのもある。

バイオリズム的にというか。

毎年、この時期はいつもそんな感じかも~。

事実は、そんな大したことなくても、感じ方の問題ってのもあるのかなと。


この整理期間が終われば、またすっきり、一段と強く、成長できるんじゃないか、と思っている。

doso

先日行った、長野の信濃大町の、バスの待ち時間に撮った写真。

偶然見つけた、道祖神。

そこらへんは道祖神がいっぱいある土地で、道祖神の写真だけ撮りに来る人もいるのだとか。
関連記事
Share

Comments 2

たまくん太陽  

No title

マリリンコさん 初めまして

大黒天の道祖神って 初めて見ました。
珍しいですね。

道祖神って、猿田彦だと勝手に
思っていました。

大黒さんの笑い
村境で 見たら しんどくても
また村の中にはいっていける
そんなこと思いました。
苦痛も相対化して 別の目で見れば
しんどさが軽減するんのかな。

2014/06/26 (Thu) 13:06 | EDIT | REPLY |   

マリリンコ  

はじめまして

たまくん太陽さん はじめまして。
すてきな書き込みを、ありがとうございました。

大黒様の道祖神、わたしも見て驚きました。

さいしょ、遠目で後ろから見ていたら、ただの丸い石にみえていて、
どんな彫り物かわからなったんですけど、
正面からみたら、大黒様で、なんだかおめでたい気持ちにさせてもらいました。

長野県は多いみたいですよね、道祖神。
女の神さまと、男の神さまが一対になっている道祖神も、多いみたいですよ。

タクシーのおじさん曰く、豊饒の神さまだそうで、
地元の方のお嫁入りの際に、
道祖神にお化粧させたり衣装を着せて、お祝いしたりもするのだとか。
いまだに、身近な信仰の存在として残っているそうですよ。

この道祖神は、田んぼの真ん中にあったので、
米俵の上にいらっしゃるし、稲の神さまという側面もあるのかな?と思いました。


大黒さんの笑い、
そんな風にとらえたら、たしかに、励まされるものがありますね。
素敵なメッセージをありがとうございました!!

2014/06/30 (Mon) 19:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply