苦手に気づくと、じぶんが見える。

ここのところ、怒涛の日々で、アップダウンがはげしく、
ブログを書く時間もとれず・・・。

書きたいことは沢山ありつつね~。

変わっていく時期って、
すごくぱあ~っとキラキラして、気持ちよいものと、
デトックス的な、手放して、手放して・・・なことが、一度に来る感じ。

先週、伊勢熊野の旅行へ行ってから、
ずっとバイオリズムが崩れて、
体調がなかなか安定せず、たいへんでした。

伊勢も熊野も、とても好きな土地にも関わらず、
旅というものは、
旅の道連れによって、こんなにもカラーが変わってしまうのだと、
気づかされ、学んだ旅でもありました。

ise

今回、じぶんの気づかなかった本音に、さまざまに出会いました。

「苦手」に気づいた旅、といっても過言ではないかも。

わたしは、理屈抜きに、
人が怒鳴り、怒鳴られしている場面が、苦手であり、無理だということ。

たとえ、それが、正義をただしている場面であってもね。

「愛と力」という法則があり、
力はあるけど、愛はない。
愛はあるけど、力はない。
両方ある人、両方ない人。
いろんな人がいるな~とも、実感として、思った。

力の魅力というのも、世の中にはあって、
力に惹かれて、寄ってきたり、結ばれたりする、人間関係というのもあるのですね。

でも、わたしは、やっぱり愛だなと思った。

なによりも、強く、愛を基準に、哲学します、と思った。


「魂は、売れません」という、ある方の言葉を思い出したのでした。

それから、
なぜだか、
きれいなのに、
花火がじつは苦手なんじゃ…な自分にも気づき、驚きました。

花火の、音が、苦手。

おそらく、爆弾の音に似ているから。

小学生のころに見た、湾岸戦争の映像とフラッシュバックするのだと、気づいた。

なんかね、戦争っぽいものが、とにかく苦手なのです、わたしは。
小さいころから、ずっと、割合そうだったのです。
戦争記念館とか、ダメなのです。
入るとしても、無理して、あたまで理解しようとか努力して、入っていくのです。


静かな、
暗闇のなかで、
ひゅ~という音とともに、
ぱあっと開く花火。

その瞬間の華やかさ、美しさ。

でもまた、
しゅんと、掻き消えて、
あとには暗闇が残って。

その繰り返し。

華やかさや光と対照的な、
静寂というか、暗闇の静けさというか。

魅了されるけど、
同じくらい、
切ないような、さみしいような気持ちになることに気づいた。

花火って、夜の世界の名物なんだよな~。

昼日中の、明るい世界の美しさとまた違うんだな~とも思った。

昔、読んだファンタジー漫画で、
悪魔の世界では、
人間の魂を集めてきて、
ぱあ~っと美しい花火玉を作るというのがあった気がする。

花火は、なんとなく、人間の一生にも似ている・・・
とまで、思ったりした。

・・・たまたま、その、熊野の花火大会が、
慰霊の花火もあげたりする花火大会だったのも、影響あるかな~。


他の方のブログを拝見していたら、
たまたま、色んな方が、色んな地方の花火大会に行っていて、
夏の風物として楽しくアップされていて、
じぶんの感じ方の個性みたいなものも、感じた。

kumano

じぶんと極端に異質なものを知ることで、
初めて、本来の自分に気づくような、
そんな旅でした。

この旅を境目に、
最近、漠然と感じていたことが、秩序立てて見えてきた。

あんまり語ると、変なひとに思われるかもしれないから、
気の置けない人にしか、話さないけどね(笑)。

エネルギーも、本来は、良い・悪いはなくて、
ただエネルギーで、
それを光に使うか、闇に使うかで、
個性が分れるだけ。

それと同じように、
力もあるか、ないか、
エネルギーが大きいか、小さいか、ってある。

だけど、
エネルギーは、ただエネルギーで、
それが、大きいか、小さいかだけの違いで、良いも悪いもない。

でも、そこに愛があるか、愛がないかで、
大いなる違いが出てくる。

エネルギーが大きくても、愛がなければ、ただの傲慢な人だし、
人を損ねると思う。
ただ、なんでも、大きけりゃいいってもんでもない。


じつは、この「愛と力」というお話は、
数年前に、知名藤枝さんのライブでお聞きしたことで、
ずっと自分の中で興味深く残っていた話だった。

最近、この基準が、ほんと世の中の定理として、いろんな現象で理解できる。


わたしは、じーっと観察している。

まるで、名作の児童文学を読んでるみたいに。
ファンタジー小説を読んでみるみたいに。

光と闇と、白と黒と。
関連記事

コメントの投稿

Secret

代替画像

あー!

こわいと思う笑
ひとりで午前中に白浜の緑濃いところ歩いてるとき、心底ぞっとしたよ。あとで、戦争と関係のある場所じゃないか調べたくらいよ。
一読して思わず反応しました。
  • |2014.08.27(Wed)
  • |のん
  • |URL
  • EDIT

代替画像

ですよね!!

ですよね、ですよね~!!!
と猛烈な勢いで、のんさんに、食いつきたい(笑)。

なんか、理屈じゃないこわさ、感じるときありますよね。

のんさんのコメントで、さらに納得感(>_<)

feelingに良い悪いなくて、
ただ、じぶんにフィットするかしないか、その違いを知れるって、おもしろいですよね。
興味深いというか。

ありがとう!!

  • |2014.08.28(Thu)
  • |Mari
  • |URL
  • EDIT

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top