光と風と水と。

ARTICLE PAGE

精神の紳士”サプール”、寂聴さんと宇野千代

author photo

ByMari

昨日、NHKで、
『世界一服にお金をかける男』たちという、
コンゴ共和国の”サプール”という、ファッション文化の番組をみた。

sapu-ru


かれらは、紳士の服を着て、
紳士のような所作で歩きだした瞬間、
精神からすべて、紳士になってしまう。

彼らは、ふだんは、電気工だったり、消防署員だったり、
トラックドライバーだったり、職はさまざま。

収入も決して豊かではなく、月収300ドルほどなのに、
その半分以上を、服についやす。

欧米の高価なブランドのスーツを、独特のセンスで、きこなす。

そして、服をただ着るだけではなく、
平和を愛し、品位を重んじ、
暴力ではなく、
服で自己主張するサプールの流儀や美学を、重んじる。

一種の傾奇者のような感じ。

サプールとは何か、
語っているときの彼らは、キラキラしていた。
ときに、みたことないくらい、まじめで、
武士道を語る侍みたいに、率直で、真剣だった。

美学を生きるって、かっこいい。

世間の価値観でもなく、
誰のためでもなく、
自分の信じる、これがよいとおもう基準を、
美学を生きる。

そこには、
物質的に豊かか貧乏だとか、
本当の職業が云々とかは関係なく、
どう生きるか、どうありたいか、の表現ということ。






最近、ずーっと気になっていたテーマに、また一つヒントを得た気がした。

高倉健が亡くなった時、
高倉健のエピソードがばあーっと報道されていて、
その時も感じた。

”人格” ”人格者”って言葉。

高倉健は、役柄を演じるだけではなく、
人生そのもので、映画俳優を、生きてたんだな~と思った。

どんなふうに生きることもできるけど、
その人の美学、美意識ってものが、
たたずまいに滲み出る。

それに、人は感動するんだと思う。

やっぱり、技術とか、見た目とか、才能とか、
単に売り出し方とか、ではないのだとおもう。





12月に入って、すこし気持ちの余裕がうまれ、
じぶんはどんな風なタイプなのか、
どんなふうに進んでいきたいのか、ふんわりと思いめぐらすときがある。

「じぶんのこの生き方、この癖、どうなん?」
って思っていた気持ちが、
だんだん、
大きく大きく、
開き直りの方向へ、おおらかに流れようとして来ている。



今日、たまたま本屋さんに寄ったら、
気になる雑誌発見。

zattsi

寂聴さん、入院しているらしいけど、こんな特集雑誌が出ていた。

詩人・伊藤比呂美と、煩悩を笑いながら語るような対談、アップしていた。

「離婚、恋愛、セックス、したいことは何歳でもおやりなさい」

「離婚なんて何度したっていいのよ」

この二人に云われてしまえば、
わらって、「さいですか!!」って言えちゃうわな。

雑誌の裏表紙には、
宇野千代のオリーブオイルの広告。

「ああ、もう、神のメッセージとしか思えない!!」

と、即購入。


いやいや、べつに要チェックワード

”離婚” 

に惹かれているわけではないのですよ(笑)。

なんつーか、
寂聴さんとか、宇野千代とか、
彼女たちの生きてきたあり方に、
竹を割ったような、
世間をカッカッと笑いとばすような、
潔さ、気持ちよさを感じるのです。いつも。



一休宗純の、僧侶としては型破りな生き方とか。

世の中の常識をうらがえして、笑うみたいな。

そういうものに、常に惹かれる気持ちがある。わたし。

わたしは、わたしの美学、道を、生きていこう。

あらためて、そんな想いを熟成させている、今日この頃。

じぶんの道、美学っておもったとき、
とても自由な、
まっさらな気持ちになった。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply