原理原則。稲盛和夫さん。

気が付けば、また忙しいモードにだんだん突入気味で、
じゃっかん、
体もだる~い感じ。

やっとバランスとってる毎日です。

昨日は、絶賛「云いにくいことを、云う」練習週間でした。

あたまのなかで、繰り返したのが、
稲盛和夫さんの本で読んだ、
『原理原則に従う』
というフレーズ。

この原理原則とは、
「人ととして、やっていいことと、いけないこと」で、判断するということ。

私なりの理屈で、
原理原則を説明し、
相手に伝えたら、
とりあえず、納得したようだった。

ぐにゃぐにゃと、
またよくわからない、屁理屈、言い訳、
感情的な絡み方をしてきそうになったが、
こちらはもう、
気分は、稲盛和夫さんなので、
あくまで冷静に、
ダメなものはだめ、おかしいものはおかしい、
筋の通ったことを、しましょう、と伝えた。


では、
稲盛和夫さんとは、だれ?

成功の要諦成功の要諦
(2014/11/25)
稲盛和夫

商品詳細を見る


詳細は、これをみてみてください。
ウィキペディア:稲盛和夫

前から、この方の本が、
ちょいちょい本屋さんで平積みになってて、気になっていた。

でも、わたしには関係なさそうで、買うまでには至らなかった。

先日、本屋さんでどうしても気になり、
この本を買って、読んでみたら、
なーんて、すごい人!!

KDDIの創設者、JAL再建の立役者だから、すごいと感じたというより、
この人の哲学、人間観が、
「ただ人ではない」と感じさせるものだったからだ。

どうすごいかについては、
この本を全部読んでから、
また書きますね~。

なんか、あまりに新鮮で、すごいから、
読むのがもったいないような気分で、
少しずつ読んでます。

むずかしくないから、
たぶん、読もうと思えば、一日で読めちゃう。


最近、じぶんなりにいろいろ感じることがあり、
こんなとき、
どう判断したり、対処したらいいのか、また考えることが何度かあった。

これまでの自分の経験と、またちがったレベルで、
判断したり、基準を持たなければいけない場面が、
だんだん出てきたせいだとおもう。

稲盛さんの考えや教えは、そんな私に、役立ちそう。



先週から今週にかけて、
メルマガ、
『光と風と水と。通信』第一号を、発行しました。

購読者のみなさま、
お申込み、ありがとうございました!

これから、コツコツ続けていきますので、
おつきあい、よろしくお願い致します。

今後も、メルマガ購読申し込みは、
随時募集中ですので、
ご興味のある方は、どうぞ~(^^)/。

詳細は、
こちらをどうぞ
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top