光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 育児

苦手克服型と得意伸ばし型。ママ参加?。『ファッションが教えてくれること』

-0 COMMENT
昨日は、
ベビースイミング初体験でした。

五組のママさんと赤ちゃんが、参加。

うちの子だけ、最初のシャワーから、途中、最後まで、
よく泣いてました。

ときどき、泣かないときもあったけど、
基本、緊張してたみたいだった。

他の子は、11か月の子~1才数か月くらいで、
リラックスして、楽しそうだった。

うちの子だけ、いつまでも警戒を解かないので、
先生たちが気を使ってくれて、
よくフォローしてくれたけど。

先生に、
「ママが、赤ちゃんが泣いてても、落ち着いてたのは、とっても良かった。
ママも動揺すると、赤ちゃんも余計に落ち着かないことが多いから」
と褒められた。

ありがたくそのお言葉を頂戴しましたが、
つうか、
赤ちゃんが泣くくらいじゃ、動じません(笑)と、内心笑った。

水好きで、
水に入りたかったのは、ママであり、
うちの子は、あんまり水好きじゃないかもな~と冷静に思った。

うちの子、お風呂でもシャワー怖がっているし、
慣れるまで、時間かかったもんね。

お風呂嫌い、水嫌いは、パパに似たかも。

puru

親が、子どもに習い事をさせるときの動機として、
苦手克服型と、
得意を伸ばす型がある。

ほんとうにほんとうに、
初めて、子ども中心のイベントに参加したわけだけど。

わたしの教育の方向性としては、、
苦手克服型じゃなく、
得意を伸ばす型だわ~と再確認した。

まだ小さいのに、無理して、プールに入らせることない。
好きそうな子ならいいけど。

もうちょっと大きくなってから、あらためて、やってもいいわけだし。


苦手を克服すること、
できないことを、出来ることに変えていくことで、
その子の世界が広がる・・・という考えもある。

だから、まんべんなく、なんでも、できるように・・・と。

でも、どうだろう。

全部が全部、できなくたって、いいんじゃないかな。

必死になって、苦手なことを克服したとしても、
理屈抜きに大好きだったことには、かなわない気がする。

大雑把かもしれないけど、
わたしは、得意を伸ばす型で、やっていこうと思った。

あと、もう一つ気づいたんだけど、
わたしは、
子どもを理由に、なにかするって、タイプじゃないな。

純粋に子どもが習い事するならいいけど、
ママが一緒にとか、
ママがサポートとか、なんか、向いてないって感じがした。

たとえば、ベビーヨガとか、ママとキッズでフラダンスとか。
ママとキッズの英会話とか。
今回のベビースイミングにしろ。

子どもが主役で、習い事をしたいといえば、
必要なことはするけれども、
ママと子どもで一緒に・・・・ってのが、どうも。

それはそれで輝いていて、とっても素敵なママもいるし、
素敵だな~って感じるのだけど。

私の場合、
子どもを介在させなくても、興味や好奇心、趣味、好みがあるので、
なんか、子どものレベルに一緒に降りて、
わざわざ何かしなくてもいい気が・・・。

興味がすっとんでるので、
ママっぽさがないし、
でも、子どもと一緒にいれば、ママにみえるだろうけど。


友達のKちゃんも、
産業カウンセラーの講習会で、
他人からみえる私というので、いろいろクラスメイトに書いてもらったら、
「子どもが二人もいるようにみえない!驚き!」
と書かれ、ショックを受けていた。

Kちゃんも、じぶんの興味がうんうんうなっていて、
やりたいことが沢山ある人なので、
いわゆる「ママ」オーラや、空気感が、薄いのかもしれない。

思ったんだが、
それで、良いのだと思う。

私の周囲には、そんな人、多い。

もちろん、立派な、良妻賢母なママさんもいるけれども。

家族のこともやりつつ、
自分の興味や関心をもって、動いているママも、
よりパワフルだし、
その人らしさを発揮している気がする。

自分だけのオリジナルの生き方を、みんなが求めていく時代なんだろうな。





先日、たまたま、GYAOの無料動画でやっていた、
ドキュメンタリー映画『ファッションが教えてくれること』
をみた。

アメリカのファッション雑誌「ヴォーグ」の、名編集長アナ・ウィンターを追った、ドキュメンタリー。



これみて、
自分のセンスで生きることが、大切だと、あらためて思った。

アナ・ウィンターは、とても厳しい、鋭い人だけど、
それは厳格に、仕事に徹して、生きているからなのだ。

スタイリストの、グレイス・コディントンのたたずまいや仕事も、とてもチャーミングで、
センスにあふれて、すてきだった。

センスって、なんとな~くで生きているけど、
より丁寧にやっていくと、
数ミリの違いの積み重ねが、
数十センチ、
いずれは数メートルくらいの差になってしまうんだなと思った。

じぶんの作りたいもの、目指したいものがあるなら、
そうなるように、
小さなレベルから、丁寧に積み重ねていくことも、大切だと思った。

あと、一つ思ったのは、
ファッションは、ただのファッションに過ぎないかもしれないけど、
その背景に、
文化や歴史、精神性やメッセージを、
その意味を、
いかに読めるか、感じられるかで、
全然、質が、変わってしまうということ。

グレイスは、それも理解して、
服を組み合わせ、舞台を選び、写真の世界観を作っていた。

ファッションになにか力が宿るとしたら、
やはり、人のセンスと技術、想い、アイディア、エネルギーが集まった、
結晶物としての何かがあるからかな、と。
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment