パッカーンの日。ふんわり乙女の、奥から、曇りなき眼。

昨日は、晴天のへきれい、

脳天&ハートに直撃な経験たっぷりの、

すばらしい日でした。


auのCMの
「パッカーン」みたいな。



わたしにとって、

ひゅううううううううう(隕石が落下してくる音)

ちゅどーん(直撃)

そして、
頭の周りに、お花と小鳥、お星さま、金粉銀粉キラキラキラキラ、
かわいらしい花火が、パンパンぱちぱち、
メリーゴーランド、
ぴよぴよぴよ☆彡☆彡☆彡

みたいな、
瞬間ってのが、ときどきあるのですが、

まさに、あれでした。

ああ、漫画やアニメーションで、
自分の頭の中じゃ、すでに絵面や音までがイメージできるのに、
言葉にうまく表現できないのが、残念です。


パッカーン

でした。


Aさんの住む、素敵なシェアハウスに招かれて、
Maruちゃんと、
sisiter moonのひとみさんと一緒に、
訪問したのです。

昭和風の建物を、
リノベーションして、
すごくセンスのある、懐かしいような、可愛いようなシェアハウスでした。

私が学生のころ大学にあった、
色んなサークルの部室がある、学生会館にちょっと似た雰囲気を感じました。

クリエイティブと、洒脱と、笑いと、粋の空気。

で、キッチンとラウンジがとても素敵で、
そこで、駅前スーパーでみんなで買ってきた材料で、
焼うどんと、菜の花のおひたしなどを準備。

あと、Aさんが仕込んでくれていた、
玉ねぎのスープ、
花豆と赤玉ねぎのサラダ、
土鍋で炊いたご飯、
Maruちゃんが買ってきてくれた、おしゃれなピクルス、
私が差し入れした桃の花なども並べたら、

たちまちに、
ほっこり、春の、女子ランチが完成。

party

複雑な手間ひまをかけるというより、
とてもシンプルな調理の仕方のものが多かったけど、
シンプルなのが、ぎゃくに、とってもおいしかったです。

このキッチン、空間を貸してもらって、
みんなで作る、という作業が、実は素晴らしく良かったのかもしれない。

キッチンを使わせてもらったら、
その空間、シェアハウスを作った管理人夫婦さんたちの思想というか、
生活、生きることへの思い、
人としてのたたずまいというか、
たぶん、そういうのが、自然に入ってくるように感じました。

家具や道具、
食べ物、庭、
住む人たちの間でのルールにしろ、
ひとつひとつが、
大切に素材から選ばれていて、なおかつ力みがなく、素朴で愛らしい。

わたしの胃腸が、絶不調だったため、
みんな気を配ってくれて、
とてもヘルシー、ナチュラル、お腹にやさしい食べ物ばかりでした(笑)。
ありがとう。

それまで一食食べた後も、お腹が2時間後には、お腹がぐるぐるだったのに、
昨日は、割合、ぜんぜんするするっと食べられちゃったから、驚きだった。


A子さんが作ってくれた、玉ねぎのスープ。
滋味あふれてて、優しくて、素朴で、
体に染みるようだった。
pa2
作り方を教えてもらったから、
おうちでも作りたくなった。

pa3
いろいろなおかずを盛ってみた。

一皿に盛ると、たちまち、
まとまりが出てくるから、ふしぎ。


みんなでわいわい言いながら、材料から選んで、作って、
組み合わせがめちゃくちゃな、
おもしろい献立になりつつ、
その雑然とした中のファンシー、シュール、キュートさが、
乙女ちっくで、
面白かったよ。


ブルーボトルコーヒーの豆を、
ミルで、手で挽いてくれて、
ぽとぽとと落として入れてくれてるのを見たら、
お抹茶をたててるみたいな、穏やかな静けさでした。

丁寧に入れてくれたコーヒーを、
大切にお盆に四つ乗せて、
フレンチトーストと一緒に、
晴れた昼下がりのお庭に出て、いただきました。

pa4
フレンチトースト。
おいしかった~。
A子さんがフライパンで焼き始めるのを見ながら、
「これがメインディッシュ」
と勝手に思っていた(笑)。

お日様にあたって、
お庭で食べてると、
なんだか、ぼーっとゆるけてしまい、
映画『かもめ食堂』の登場人物かなにかに、そのままなってしまいそうだった。

でも、物語はここでは終わらない。

じつは、ここは序章でしたね。

A子さんに館内を案内してもらったあと、
A子さんのお部屋で、
さらにゆっくりと、色んなお話をしました。


じつは、こっちが本題だったのよね。


そして、この記事冒頭の、

宇宙からの隕石の落下が、

起きたわけです、ハイ。



といっても、
すごい、わいわい、がやがや、
笑いながら、いろんな話をしていました。

ある人が、

「・・・・曇りなき眼で!!!」

と、何度も連呼してたので、
私もかなり爆笑してました。

曇りなき眼って、
もののけ姫の、アシタカの言葉なんだよね(笑)。

どんだけって、話だよ。



また、おいおい、本ブログで、お知らせしていきます。

新しい企画が、立ち上がりました。

9月の開催を予定しております。

お楽しみに!


わたしもやっと、
これから、
本当の意味で、新境地へ、挑みます。




私が渇いていたもの。それは「母性」

mom


さきほど長々とブログ記事を書き、

また西原理恵子さんのことを検索したり、
本を買おうと調べたりしてて、
こんなページを発見。

『スナックさいばら おんなのけものみち』

すんごい!スッキリする。

目から鱗がこぼれ過ぎ。

そっちロードでしたか、わたしは、っていう・・・。

これくらいの人でないと、
しみじみ、できない。
ほろりとできない。


で、しみじ~み、分かったのには、

わたしね~、

「かあちゃん」てきなもの、

「母」的なもの

「母性(的)」

「地母神」

「大地」

「海」

・・・・みたいなものが、ないと、
生きていけないみたいです。

生きていけないわけではないけど、
水が干上がった、
魚みたいな感じ???

息苦しい?

ぱさぱさしてて、つらい??

つーか、
自分がそっちよりの属性(母性、どんぶり勘定派)なんで、
そういうのに、触れていないと、
ホッとしないというか。

おかん的なものにつねに触れてないと、
芯から安心できないんでしょうね。

最近、気づいたよ。

私が惹かれる人って、
たいてい、おんなっぽくて、
その、おんなっぽさも、
どちらかというと、
おかん、母性?っぽい。

マツコ・デラックスに妙にホッとする心理とか。

居酒屋マツコのCMとか、あの雰囲気、妙に親近感。



しばらくは、この、ホッとするものを探し求めて、
自分を癒しまする。

励ましに感謝。いわさきちひろと、柴田トヨさん。

先日の、ブログ記事、
思いがけなく、いろんな方から、メッセージもいただき、
かえって、感謝感激<(_ _)>元気になりました~。

みなさん、クリアに受け止めてくださって、

「世間的常識」より、

「その人らしく、生きるための選択」

を応援してくれるものなのだ!という感動。

世の中、捨てたもんじゃないよ~って思いました。

ありがとう~☆彡。


日中、区役所に行って手続きをしたり、
子どもの健診行ったり、小児科行ったり、
なにかとバタバタしてて、
やっと、隙間時間に、メールの返信やらなにやら、
こなしている昨今であります。

9月に入って、
春には、同じ場所にいた仲間たちも、
いまは、それぞれの動きが出てきて、
それぞれに活躍の場所を広げているな~って、
みなさんのメールやら報告やらお聞きしてて、おもうのです。

自然と、じぶんのことに集中せざるをえない状況ってのが、
もたらされているんじゃないかな~。

私も結局、
じぶんのエゴでやろうとすることは、みな行き止まりになっていて、
自然と、物事が運んで、達成できることは、
エゴではない、魂の発露だったり、
宇宙が認めてくれたことに、多いのかな~って、ここのところ、思います。

なので、自分の事が忙しい分、
自分のことに集中していると、
シンプルになって、とても楽といえば、楽…になってきました。

いままで、人のことまで、やりすぎてたんだな~っておもう。いろいろな面で。

orange


また同じこと書くようで、変だけど、
書いちゃう。

私の尊敬する作家さんて、
童女のように明るくピュアなのに、
年譜みたら、「え?」と思うような、苦労している人が、いたりする。

絵本作家の「いわさきちひろ」も、
20代の若いころに最初の結婚してるんだけど、
新婚のうちに、その男性が、自殺してしまった。

しばらくして、二度目に、年下の男性と恋愛結婚し、
子どもを産むが、戦争と重なったため、
乳飲み子を長野に疎開させて
共産党員で、稼げない夫の代わりに、
自分は働き手として、せっせと、イラスト描いてたりする。

「安曇野ちひろ美術館」で、知った、そんな彼女の人生。

あの、きれいで、美しい絵の世界が、
そんな壮絶な現実から、生まれているとおもうと、
すごいな~って思いつつ、納得・・・というか。



あと一人。
その人生を知って、ちょっと驚いた人。

詩集『くじけないで』で、
有名になった、「柴田トヨ」さん。

この人は、明治44年生まれ。

98歳のとき、初詩集を刊行、
2冊目は、100歳のときの詩集だそうな。

一時期、流行したし、映画化されたよね。

たまたま駅の本屋で詩集をみつけ、
初めてじっくり読んで、とても感動した。

そこには、自伝的なエッセイも、掲載されていた。

20歳の時、親戚の紹介で結婚したけど、
お金も入れない、大変な人で、半年ほどで離縁。

結婚に懲りて、それから33歳まで、
旅館の仲居したり、和裁の仕事をしたり、親と三人暮らし。
そのあと、見初められて、再婚して、子どもを一人産んだとか。

詩をみると、
とても、ほがらかで、シンプルなんだけど、
心にホロリとくる、切ないものもある。

なるほどな~って思うのです。

いろんな人生経験、
荒波、さざ波、小波、大波、
あらゆる波にもまれて、けずられ、撫でられ、
ゴツゴツした岩が、
つるつるの、きれいな小石になった。

そういう、洗い流された美しさ。

「人生に、もまれると、人の痛みがわかるようになる」
とか、よくいう。

だけど、本当に体験したら、実際はつらいよね。

でも、その先には、
お金でも買えない、一朝一夕に作れるものじゃない、
何かがあるんだね、きっと。

周りを見ても、
たしかに、人生経験豊かな人の方が、
愛が深く、真に、優しい。
その人なりの哲学にも、豊かさがある。

今日は、そんな柴田トヨさんの詩を、いくつか。

お花


****************

  「倅に Ⅰ」

何か
つれえことがあったら
母ちゃんを思い出せ

誰かに
あたっちゃあ だめだ
あとで 自分が
嫌になる

ほら 見てみなせ
窓辺に
陽がさしてきたよ
鳥が 啼いているよ

元気だせ 元気だせ
鳥が 啼いているよ
聞こえるか 健一



~~~~~~~~


  「貯金」

私ね 人から
やさしさを貰ったら
心に貯金しておくの

さびしくなった時は
それを引き出して
元気になる

あなたも 今から
積んでおきなさい
年金より
いいわよ



  ( 柴田トヨ 『くじけないで』 飛鳥新社 )


************




同時代に生きてる幸運。魂をふるわせる歌と、涙壺。

NHKの『スイッチ・インタビュー 達×達』という番組で、

森本千絵×吉本ばなな、の回を、

録画しておいたのを、昨日、観た。


よ、吉本さんが…、
ばななさんが…
同じ時代に生きていることを、感謝、幸運に想った。

今までもファンだったし、
・・・とはいえ、みなさんほどに熱烈なファンではなく、
ちょっと「照れ」のある、ファンというか、
尊敬はしているけど、
自分なりの愛し方、距離の持ち方をしたい、みたいな気持ちがあり。

DVDや映像や、対談などでも、みていたはずなのに、
久しぶりに、
彼女が話している映像をみたら、とても救われた気持ちになった。

この人の自然体の純粋さ、優しさ、愛の深さとか、
すごいよな~って、あらためて。

(稀有!稀有!)

心の中で、感嘆。

なにが、って、うまく書けないけど、
ことばではない何かが、この人には、いっぱいつまってて、
ほんものだな~と思った。

今まで、私の人生は文学研究をしすぎていたので、
どうも、ファンとして、どの作家も、どっぷりつかるのにテレがあった。
特に同時代の、生きている作家に対して。

でも、やっと、素直に、「この人、すごいな~」って思った。
人として、すごい。

アートクリエイターの森本千絵さんも、
クリエイティブさと、好奇心、自分の感覚に素直である女性ってのが、
にじみでてて、とても良かった。

みてて、「とても良い対談だったな~」って思った。

この番組、ときどき、とても素敵な対談をやっている。

以前、
千日回峰行の阿闍梨、塩沼亮潤さんと、冒険家の人が対談する回があって、
その時も、かなり、グワッと心を掴まれた。

塩沼亮潤さんの話していることが、
自然体に話しているのに、
はんぱない、レベルだった。

むずかしい話じゃなく、誰でもわかる言葉で、
すごくわかりやすくて、
でも、とても深い話。

吉本ばななさんの対談をみてて、それを思い出した。


そんなこんなで、
南の国の、海に近いジャングルの奥地、
湧水の泉で、一口水を飲んだような気持ちで、
昨日はいた。

吉本ばななさんの回は、
7月9日(木)0:00 [8(水)24:00]に、再放送があるみたいなので、
気になる方は、チェックしてみてくださいね。


だいぶ、モードは元気になってきているのだけど、
ときどき、反芻して、観察して、
じぶんのなかの影や闇や、
エゴがどんなものか、思ったりする。

パワフルでエネルギッシュで、
いろいろなものを受け止めるのは得意だけど、
わたしのなかの、粗さ、雑さも、客観的にわかったり。

「ああ、雑とか、粗いって、こういう部分なんだな~。

ここを整理すれば、もうちょっとスッキリ、純度もあがり、
透明感も増したまま、強くなれそうだけど。

あえて、じぶんのなかで、残している的な、この粗さは・・・」って思ったり。


なんだろうね~、そういうのって。

傾聴カウンセリング的に、
じぶん自身に、じーっと耳を傾けてみようかな。

イメージの世界の何かを借りて、
フィットするものを、また見つけるかな~って思ったりもする。


こうやって、受け止められるということは、
そろそろ、それも卒業時期なのかも。

それを自らの美点として肯定することで、卒業、
または、不要なものとして手放すことで、卒業。

いろんな形の卒業がある。

単純に、自分が楽になる、軽くなる選択肢が、
道かな~って、思ってる。

どれを選んでも、いいのだけど、
自分が続けていくうえで、
つらい、苦しい道、
自分で自分の首をしめて喜んでいるようなのは(笑)、もうやめようって思ってる。

最後に、最近、ど真ん中だった音楽。


朝崎郁恵さん。

NHK『新日本風土記』のテーマソングが、以前から気になってたのだけど、
最近、この人が歌っていると知った。

歌詞もよくわからないのに、
どの曲も、この人の歌を聴いてると、涙がこぼれそうになる。

DNA、無意識、魂、
なにか、自我のわたしではとらえきれないものの、
中に入っているものが、ふるえる。

だめなんだよね~、こういうの。
よわいです。

そして、わたしにとっても、思い出深い曲『十九の春』。
朝崎さんバージョンが、とてもツボ。


カラオケ好きで、のど自慢、
歌のうまかった祖父が、
よくこの歌を、歌っていた。

沖縄の歌とはしらず、
小さいころから、祖父の歌として、私は聴いていた。

よく聴いてみたら、切ない歌詞だ!!!甘辛、切ない歌詞だ~・・・。

そんな祖父も、
もう90になって、前から弱かった心臓が、いよいよだめになってきて、
あと半年とか、一年とか。

なんだかねー。
覚悟はだいぶできてるから、混乱はしないのだけど、
・・・愛情や思い出だけが、再生されるよね。

祖父の血も、わたしのなかに流れていると思えば、
自分の中にも、良いところが生きてるはずだ、と思える。

「極めつけは、これか!!」と思わせる、
わたしにとって、
絶妙に、ツボ曲を、紹介しておきましょう。


古謝美佐子「童神」。

涙壺が、決壊しそうなので、
きょうはここらで、失礼・・・(笑)。



レンゲの花冠。麺は男で、スープは女。

晴れた日、公園に行きました。

レンゲの花咲く野原。

nohara

わたし、
レンゲの花、こんな好きだったのね~って思い出した。

子どものころ、
幼稚園や小学校へ行く前、
朝に、犬を散歩させて歩いてた、空き地に、
いっぱい雑草が生えていた。

その中に、レンゲもあった。

小さいころ、うまく、花輪が編めなかった。

レンゲの花冠が、憧れだったのだけど。

この年になって、
母とおしゃべりしながら、
編んでみたら、
思いのほか、簡単で、
とても楽しかった。

編むの、好きだな~って思い出したのでした。

udewa
腕輪を作ってみた。

nohara2
木に捧げるつもりで、そのまま、置いてきた。
誰か見つけて、
楽しい気持ちになるかも?って思いながら。

レンゲの花の中にいると、
ここは本当に日本?っておもうくらい、平和なのでした。

nohara3
麦わら帽子に、花を飾って、いい気分。

気分は、赤毛のアン、
もしくは、大草原の小さな家のローラ。

わたしの心の中のHOME。



そして、今日は今日とて、
好きな味を探し求めて、町へ出た。

raamen
raamen2
raamrn3
『支那そばや本店』。

今日は、塩らあ麺を食す。

醤油味より、
あっさりと薄味で、
スープをたのしむ、やさしい味。

『湘南野の実』より、
麺はさらに細麺。

繊細で、丁寧で、
奥行きがあるのに、
複雑ではなく、まっすぐに美味しい。

佐野さんは「ラーメンの鬼」といって、
テレビでは、弟子に厳しく教えているイメージが強かった。

だけど、ラーメン自体は、
宝石とか、貴石とか、
クリスタルを思わせる、透明な繊細さだよな~。

あらためて、そう感じた。

よくある、ご近所さんに人気の中華料理屋のラーメンとか、
家系のチェーン店のラーメンとか、
雑なんだけど、美味しい、原始的な味だったり、
個性が突出して、闘争心があったり、破壊力がすごい、
あの感じとは、全然違うのですよ、タイプが。

ミルで引くタイプの、胡椒が置いてあって、
黒胡椒をふると、
香ばしさが増して、ちょい味がしまり、
わたしには、塩らあ麺はちょうどよい。

・・・うーん、でも、やっぱり、醤油らあ麺が、一番だね。

永遠の王道だね。

raamen4

お店の前には、こんな看板が。

ユーモアありつつ、
この人がラーメン道で掴んだ、格言なんだろな~って感じがして、面白かった。

これ読んで、

「ラーメンの麺だけじゃあ、やっぱり美味しくない。

スープがないと、ラーメンじゃないし!

スープのほうが、時間も手間もかかるし、熟成がものをいう。

ということは、女の方が上??

スープだけでも飲めるし、十分、美味しいしね。

でも、ま、麺が入ってると、さらに絶対旨いけどね。

麺で、スープのうまさが、倍増するよね」

とか、詳細な分析を繰り広げそうになった(笑)。


スープと、からみあう麺・・・・。

どっちが受け身で、どっちが積極的なのか、わからん!!!

BOY MEETS GIRL???

なんか、セクシーだよね・・・・って、内心・・・(^_^;)。

完全オヤジのつっこみを入れつつ。

そういう冗談だったのかな、佐野さんの・・・・(笑)。



google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top