どこにいても、修道。

「3月は、別れの季節です」

なーんて、

あちらこちらから聞こえてきて、あんまり意識していなかったが、

ほんと、そうだな~としみじみ感じる今日でした。

完全な別れ(もう二度と会えない)というものでもないけれども、

生きながらにしても、

「一期一会」という、

刹那の感覚のある、あの、別れ感である。


それが、また、いーんだよね。

切ないんだけど、愛しくって、可愛くって、ありがとうな気持ちでいっぱい。

そして、流れはもうすでに、新年度のほうへくるくると勢いよく向かっているし、

また新しい出会いがたくさん待っており、そこの場所で、また精一杯やるのだという、気持ちよい覚悟。


握ってしまうと、だめなのだ。

ふわっと、雛を手で包むように、

出会いも別れも、慈しみながら、軽やかさもあるのが、コツと思う。

始まりがあれば、
終わりがあるから、

去り際、終わり際を、
いかにするかも、
大切。

始末をつける、ということ。


あまりに良いから、
あまりに合わないから、と、
どちらにふれても、ぎゅっと握ってしまうと、ダメになる気がする。感覚として。

自分にとってうれしいことも、嫌だったことも、時がきたら、ふわっと手放す。




今日も、じぶんのなかのエゴにいくつか気づいた。

人をうらやましく思ったり、小さくジェラシーを感じたり、
自分が僻んだり、卑屈に思ったり、

そんな時は、たいてい、エゴだよね。

「わたしが、○○さんだったら」

「わたしが、男だったら」

「わたしが、もっと○○だったら」

なーんて発想の時は、たいてい、エゴである。

あー、わたしにも、エゴがあるんだな~って思って、
しょうがないよね、
人間だもん、ってやって。

ああ、でも、わたしは、
ほんとうに感じてることは、もっと別にあって、

こんなに喜びや輝きがあるじゃんって、思えるところに、進歩をかんじる。


仕事や、生き方や、すべてにおいて、
わたしは、
ちょっとズレているんだよな~。

すっと降りてきたフレーズに、

「わたしにとって、すべてが修道であり、

どこにいても、修道なんだな」

って言葉。


誰が相手でも、

どんな場所でも、

人と接していれば、

その目の前の相手に、誠心誠意、どう尽くすか、が、私にとって大事であり、

人間らしい心や魂の触れ合いを感じられる瞬間が、

私の本当の喜びだから。

地位も、名誉も、肩書も、
実は、私にとっては関係ないのではないか、と。



逆に、
私に足りないのは、

世間一般の人がもつような、
もっとゴリゴリのハングリー精神、
物質的野心や上昇志向。

欲。ってやつ。

ほんとは、もっとそういう意味でも、上に行けるだろうに、

ちょっとしたことで、物質的には満足できてしまうから、

競争や競り合いになったときに、
欲が足りなくて、
すっとよけてしまうのが、良くないんだね。

私の理想がやたらと高いから、
物質的なことに、どうも食指が動かないところがあるんだろう。

だから、わざと、最近では、
バリバリ稼ぐぞ~~~!!!とか、云ったりしている。(言霊・(笑))。

エゴが教えてくれる、
自分の小さな、ちっぽけな欲や願望も、
たまには育てて、認めてあげてもよいのかも。

それも、自分に気づく一歩かも。



修道って言葉で、すっとおさまってしまった、わたし。

うん、わかる気がする。

そう、そして、そこからさらに、

今、この人生を生きる私は、新しい経験をしていくのだ。




ナチュラル・ウーマン

満月は人を狂わせるとか、昔からいうらしいですが、

他人みていても、

自分のバイオリズムを観察しても、

昨日~今日にかけては、ディープでしたね~。

ああ、すんごーい、要らないものがどさっと浮かび上がってる的な、

その人の、癖とか、パターンがあぶりだされて、顕在化していた気がする。


「なんだろう。これ、これ。」って、今日はずっと悶々していて、

「あ、もう、これ、私要らないんだ」って、見切った。

moon


他人のエネルギーを、無意識にとっていて、
それも、気づかないという、

悪気はないけれども、
繊細な人は傷つき、疲れるという、

あれ、だわ。

わたし、お酒を飲んでも、
大人な飲み方、
お話を楽しみながら、お酒をたしなめる方、
そういう時空を楽しめる場ではないと、
もう、だめなんですねって、わかりました。

たいていは、話をするためや相手とのコミュニケーションや、場を楽しむために、
お酒を飲みに行っているので、

(食事やお酒そのものを、目的の場合もあるかもしれないが)

空気を読まずに?

自分の話ばかりする人が、苦手、無粋にかんじられる現象が・・・。

自分の話をしたっていいが、

酔ってきて、繰り返し、その話をするのは、

その人のために、時間が割かれていき、
もはや、ただの酔っ払いの相手としか思えない状態。

それは、もう、20代前半の学生時代で終わらせておけ、な、代物。

最初は、
興味をもって聞いていたが、


なんだか、昨夜帰宅してから、
なーんかもやもやしていて、
なかなかスッキリしない。

それって、こういうこっちゃって、思った。


加えて、
他人の状況、他人の話などに現状報告などに対しても、
それぞれ諸処の事情などあるわけだから、
思いやりや、想像力をつかって、
あたりさわりなく、受け止めて、
みんなが気持ちよく飲めるような、聴き方、話の振り方ってものが、
あるだろうって、いう、
私の強い意見。

そこにいる人に、
誰一人、恥をかかせず、心地よく、気持ちよく、会話や場を共有する、
やり方。

それが、大人だろう。

もしかして、
以前から、すこし、そういう肌合いをかんじていたのかもしれないが、

いつのまに、完全に、そういう見極めが、クリアになっていた。

その場の人たちが、
ある程度、洗練された姿勢、身のこなしが、できないと、
一緒にいて、疲れると思った。



古い自分が、ドサッと突きつけられた。

ああ、そうそう、わたし、ずっとこんな風な、

他人から見られる視点と、自分が感じている自分との間の、

齟齬で、葛藤してたよなって。

針のむしろみたいに、生きてた。



ああでも、
それから、いろいろあって、さらに、
他人に勝手な解釈をされるような私の現状ではあるが、

私は、誰にも、何をいわれる筋合いもないんだわ、って再確認した。

あの頃でも、実は、誰に、何を言われる筋合いもなかったんだ。

わたしは、私が築き上げてきたこと、
私が相手にシェアしてきたこと、
自分自身が知っているから。

わたしは、あのころから、私の本質は変わっていないと思っている。

深い経験を通して、すこし人間が円くなったから、
相手に対して、
あり方を尊重できるようにも、なったし、
慎みも持てるようになり、
それはそれで、
自分の前進として、認めている。


私の生き方や持ち味を、
ありのまま、受け止められる人、場所、関係性だけが、
残っていくんだろうな。

愛と信頼、尊敬、尊重が、ある関係だけが、
残っていくだろう。

それ以外は、一緒にいられないんだな。

他人や世間に、
説明する必要も、
言い訳する必要も、ないんだって、本当こういうことなんだなって、しみじみ。

ほんと、他人に説明しなくなったわ、わたし。

ただ、生きていくだけ。
自分のやり方で。

それを、他人が好けば、一緒にいるだろうし、
嫌えば、自然と離れていくだろうって、だけのこと。



そうやってみても、
ちゃんと、受け入れてくれる場所や人たちが、いることを、
自分を生きることで、
経験として、知っていくことが、
何よりもの励ましであり、信頼と自信になっていく。

同情とか、憐憫とか、
わけがわからないし、要らないんだよね。

ほんとうに、痛みをともに感じていたら、
ただ、一緒にいるだけだよ。

自然体で、一緒にそばにいる、
ただ、それだけでいいのだ。
言葉はいらない。

それが、本当の愛ではないか、と、

愛を受け取る側になって、教えられたね。





すごい熱唱。
かっこよすぎる。マジで、泣く。

ナチュラルウーマン。

この曲を、しみじみと、実感できるようになったことに、
月日の流れ、
経験、
成長を感じる。

この歌の意味を、やっと、経験としてわかるようなれた。

いま、わたしは、着実に、豊かになっている。

一年前、五年前、十年前より、ずっとずっと。



Aretha Franklin、ほんと、かっこいい。

ソウルが、好きなの、自覚済み。



感情を味わう。

ここ数日は、佳境にはいってきた忙しさ感があり、

喜び、楽しみ、ぴちぴち、キラキラした感情の流れも感じながら、

一手一手、駒をさしていく棋士に似た冷静沈着さで仕事をこなしつつ、

実際的な作業がわたしの本筋なのか、

ただそこに存在して、だれかれと、エネルギーを回したり、しぇあしたりするのが仕事なんだか、

ごっちゃになりながら過ごしていた。

ひさしぶりに、かき乱されている感(^_^;)。

ま、いーんですけどね、
想定範囲内というか、
まあキャパの中ですから。

わたしのなかで、
わたしを取り戻す動きに、取り組むのみであり。



ああ、でも。

ポジティブなことに対して、かえって、

すぐ固まりそうになる、怖れや不安、心配、自己否定、劣等感、だめだしな癖があり、

進退できずになりそうなとき、

そこでとどまって、ぐるぐるしてるくらいなら、

一端手放して、天の流れに任せろ、と思い、

手放していたら、

また流れがちょこっときて、

その流れにこころをゆるして、水門を開くと、

また、どりゅりゅ~と気持ちよく流れていく。


人の気持ちは、正直、よくわからん!!

蟹座なので、
感情に溺れる感覚を、よく理解しているので、
よりいっそう怖いのかもしれない。

「愛に溺れる」

「溺愛」というが、

ほんと、溺れるよね。

それは、一般的に愛される側が溺れるイメージがあるが、

実質は、異なる。

愛することで、
愛する側が、
感情に溺れることのほうが、多いのだなという気づき。

ほんとの愛って、そうじゃないよなって、最近おもうのだ。

不安、怖れの源泉をじっと眺めていると、

わたしは、誰かを特別に好きになり、
線を越えるのを恐れている感がある。

それは、恋愛にかぎらず、いろんな場合で、
誰かを特別に感じるのを、恐れているのだ。

でも、まんべんなくピュアに好きだなっておもって、
自然体の自分で、他者に対して、
それを広げていくコツみたいなものは、だんだんわかってきた、この一年。





わたしはただ、わたしのまま、

ベースのところは変わらないで、

そのときそのときを、感じ尽くして、味わい尽くして、
生きていくだけで、いいのかなって思っている。

なにか目的や、
こうしなければいけない、結果も、
恥も、ない。

ただ、経験するために、感動するために、
すべて起こってるだけだろうから。

わたしはわたしの良いところを残したまま、
受けとっていこうとおもう。



一から新天地を切り開く営みは、

また新しい展開を迎えている。

いつだって、だれかが、どこかで、

わたしを応援してくれている、

困ったときには、自然に、手をさしのべてくれる人、励ましてくれる人、

いたわってくれる人がいること。

自然体のわたしを、好きだと言ってくれる人がいること。

わたしがたくさん受けとっている、愛と恵みに感謝します。

カラフルな楽しみ。

お雛様を飾ったとおもったら、
もう片付けて。

日差しの中、
春の気配を感じる、日曜日。

今月は、予定がどんどん埋まっていって、おそろしいくらい(^_^;)。

もうこれ以上、予定は詰めないつもりである。

昨年の秋移行は、
割合にシンプルに過ごしていたので、
予定が詰まっていく感覚との違いが、また、おもしろい。


今の職場になってから、
地味色や、目立たない色、落ち着いた色の組み合わせ、
着こなし方をずっと考えていた。

前の私なら、「葬式色」と呼びたいような、カラーリング。

白と黒って、
いわゆる、僧侶や神職が着る色だよね、って観察したり。

偉い坊さんだと、これに金、赤、黄色など差し色を使う。

世間を観察していると、
今のトレンドは、
おしゃれさんは、白、黒、紺、カーキ、茶、キャメル、ブラウンなど、
地味色を着こなしているイメージもあり、
町を歩くと、若い女性も、おしゃれさんぽい?人は、
地味色?アースカラーを着ていることが多いように思う。

若い人ほど、黒や茶、紺など、地味な色で、
デザインも、シンプルなものを着ている気もする。

流行を作っている人、服のメーカーが似たようなものを作るから、
似通うってのもあるけど。

その一方で、
私の場合、
反響&反応があるのは、
私がちょっと気分転換に着た、明るい色、暖色系の色だったりして。

なにしろ、ワインレッド、赤紫、紫、ピンクを着たときの反響といったら
・・・大人も子供も、なにかしら言ってきた(笑)。

周囲を見渡したら、
赤系統や濃い紫を着る人って、あまりいないな~って。

ピンクすら、あまり着ないよね。

私はやっぱり、ピンクが好きで、
気がついたら、ピンクを着ていたりする。

服の色を観察していて、
私の場合、それが前から好きな色だし、
人から似合うといわれ、その色を着ていたのもあるけど、
ほんとのところ、どうなの?って、
自分に聞いてみた。

ちょっと前の自分と、
今の自分と、気がついていたら、微妙にずれるのもあるかもって、思った。

その年その年で、流行色があるし、
その年その年で、自分のフィットする色、デザインってのもあるな~と。

やっぱり、変わらない好みってのも、ありつつ。

一方で、次の段階へ、また一皮、ふたかわ剥けたい自分がおり、
新しい色の組み合わせ、素材の組み合わせ、を、
探っているところもある。

色の使い方で、イメージってかなり決まるから。

洗練されつつ、
自分らしく、
着心地と居心地の良い、伸びやかで、楽しいもので、
身の回りを装いたい。

TPOもあり、
場所や季節の組み合わせもあり、
ただ、自分自分ってのも、場合によってはちがうよってのも、学びつつ。

あえて、自分を抑えて、脇役に徹し、
その場の主役に、華をそえるのも、大切。

それでいて、
あらためて、自分が、きれいな色、
明るい色彩、華やかな色彩が好きだということを、
自覚される一年だったな~。

華

今日は、若草色に明るい緑を重ねて、春らしい気分。

ちなみに、うちの娘も最近、好みがだんだん出てきて、
ラベンダー色が好きみたいです。

女の子だし、小さい時はかわいい色をと、
ピンクがかわいくって、ピンクばかり着せていた。

今時は、幼児でも、
大人みたいな配色、デザインの服を、
着せている人も多いので、
子供時代にしか着れないような服をと、思ったりもするんだよね。

で、たまに、娘に、
自由に選ばせると、ラベンダー色を選ぶ。

その色に導いたわけではないので、
単純に、好みみたい。

そういうのって、おもしろいよね。

昨日読んだ本で、
季節のカラーというのがあると書いてあったな。

春、夏、秋、冬と、色合いがあって、
自分に似合う季節の色を着ていると、
似合うんだって。

自分の好みと、
似合う色と、両方考えてみようかな。

高揚と恍惚。まるで恋に似た。

すごく気持ちよいときって、
お腹が空いたの忘れるくらいに、感覚が精妙になっていて、
食べものも、
体のチューニングにかなり合わせないと、その余韻がもったいなく感じる。

上質な空間、時間、人で、
お腹いっぱいだから、
そのクオリティを下げたくない気持ちが働くのだろう。

町にあふれる、いろんな色彩、デザイン、音、香りが、
猥雑で、毒々しく感じるくらい。

淡い色合い、かすかな音や香り、
静けさ、
大切にされているもの、
整ったものを心身が欲する。

ただ「稽古」と思っていたけれども、
稽古場だけが稽古なのではなく、

その時空間ごと、
自分が生活に入って、立ち回っている感覚でいけば、
それが心地よさ、美しさなのかもしれないと、今日は思った。

une


恋に落ちたとき、
人は自然に、詩人になって、
感受性が広がり、
世界の色彩や香り、音が、
まるで映画みたいに劇的に変わっていく。

そんな感受性の開花は、
恋だけの効能と思っていたけれども、
恋だけの特権ではないのだね~。


浮かれポンチ?いかれポンチ?
に、ふわふわと、地に足つかずに、酔っているより、

もっと大きな自然、小さな自然とともに、
心身通して、
着実に、自分も上がっていくことのほうが、醍醐味を感じる。



遠くに行かずとも、
こんな身近に、
小京都があるっていう、感動。

もしくは、小さな寺院。

自分の中に、小さな神社、お堂が、静かに作られていくという感動。

人の恋も美しいけれども、
もっと大きなものとも、同時に、恋に落ちている。

・・・素敵ではないか。

そうやってると、
小さなものも、
大きなものも、
相乗効果で、さらに、生き生きと、みずみずしく感じられてくる。


パリジェンヌや、パリのマダムの、
スタイル、センス、美意識を盛り込んだ本が、
最近、よく本屋さんで並んでいる。

私も、フランスの成熟の文化に、惹かれるものを感じていた。

その上で、今日は、はたと気づいた。

フランスに学ばなくても、

日本には、古来から、
十分、成熟や洗練の文化が、根付いているではないか!!

あれも、これも・・・。

人そのものが、もはや、生きた骨董になってゆく世界。

「まるで、谷崎潤一郎みたい」

と、

谷崎の美意識や、物語世界なども、思い出しながら、

ふむふむと、うちあたいする、今日でありました。



google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top