新しいものが、見えてきた。フラを踊るように生きたら・・・。

いよいよ、稼働。

nuno
nuno2

昨日は、準備していた布を、
水通しして、干してみた。

この色に、惹かれた。

・・・って、結果的に、
これが何かに、すぐ結びつく系ではないのですが(笑)、

まわりまわって、

降りてきた。

動きが出てきた。


それは、
言語化できるものではなく、
小さなインスピレーション。

理屈ではない、
本能的な部分で、
なにかが、動き出した感がある。

思い込みではない。




9月17日開催のグループ展、
四人展の、
どんなものを作りたいかが、
やっと、見えてきたのです。


昨日の、順田さんのお話し会と、順田さんの表現である歌からの気づきも大きかった。



ブログでいろいろ書いてきたし、
書くのも好きだけど、

なにげなく書く文章と、
表現である言葉の、ちがいを、

質の差異を、

自覚していた私は、

ずっと、そこらへんで、ズレや、
不完全燃焼、もやもやを感じていた。



それが、やっと、

「表現」の形に、

いけそうな気がしてきた。


表現に、
昇華できそうな感触が、出てきた。


やっと、すうっと、光の道すじが、かすかに見えた気がするのです。



伝えたいもの、
私の感じているものを、
形にする。


それを、楽しみながら、する。

できるだけ、そのままの感触、フィーリングを、
そのまま、触れた人が、感じられるような形にする




ずっと、フラの曲やDVDをかけながら、
いろいろ作業をしていた。

やっぱり、フラが好きだな~って最近感じている。

いろんなダンス、舞踊があるけれども、
フラが、一番好き。

踊りながら、なにか自分のなかで、流れていくのを感じる。

とある、有名な?フラスクールに、少しだけ入って、
発表会前に、膝が痛くなって、辞めてしまったのだけど、
私が出なくても、
ちゃんと発表会のDVDを送ってきてくれた。

久しぶりに、それを見直して、

曲に合わせて、
ふりを思い出したら、結構、おぼえていて、驚いた。

また、フラダンスを再開したいと思いながら、
YOUTUBEを見ながら、
てきとうフラダンス、をするのが、
最近のストレス解消。



新しくみえてきたことと、
つい最近スタートしたのに、もうすでに古く、合わなくなってきているものと、
目の前の「タスク」らしいものと。


それらを、観察しながら、
ただ、いま、いる、わたしを感じるってことを、
やろうとおもう。


体のケアも大切に。

ついつい心身に余裕がないと、
子どもとの時間さえ、
余裕がない自分が出てきてしまう。

そういうときって、
結構、たまっているのかもしれない。


自分のため、こどものために、
やっている、と思っていることで、
かえって、心身のバランスが崩れるなら、
本末転倒だよね~。

やっぱり、びっちり、みっちり、一つのことに意識や、
自分のすべてを注いだり、
自分のすべてを集中しなくてよいのだ。

そう一極集中な、全力投球な感じが、逆に、おかしいのだな~。

スペースが、ない状態。


流れていくもの、
心地よいもの、
自分がいいな~とフィットするものに、合わせて、
そういう風な、自然体の自分で、常にいられるように、
少しずつ変えていきたいと思っている。

今年の秋に、イベントを計画中です。

虹

今年の秋、

9月17日(土)に、イベントを計画しております。



メンバーは、

”sister moon”こと、ひとみさん。


”Maru's Factory”の、
Maruちゃん。

そして、もうひと方と、
私です。

四人なので、

四人展(仮)とみんなで呼びながら、準備しております。


じつは、すでに場所も確保済みで、
先月の祝日に、
仲間たちは、内覧に行ってきてくれました。
(ほんとうは、私も参加予定でしたが、法事で参加できず、三人で行ってもらった)。



いままでのイベントと異なり、

わたしも、企画者だけというより、
じぶんが主体的にやってみたいことで、
新しいことや、
本当にやりたいのに、向き合ってこなかったことを、やろうと思ってます。




どちらかというと、
『グループ展』のイメージです。


クリエイティブ、アーティスティックな作品、
創作物を、
展示したり、パフォーマンスしたり・・・・etc。

アートな雰囲気で、空間を作って、みんなでやってみたいな~と思ってます。

不思議な流れで、始まった今回の企画ですが、
なにげに、
わたしを励まし、導いてくれてもいます。

素敵な仲間たちの、とても心地よい雰囲気ってのも、大いに影響あり。

今月末は、
四人展の仲間で、打ち合わせがあるので、
その時に、詳細は、またかたまっていくのかな~といった感じです。



4月の流れと、GWの変化とで、

本当にやりたいこと、
魂が目的としてきたこと、
魂が喜ぶことって、
私にとっては、なんだろう?という想いが、
また静かに、わいてきています。


昨日は、吉本ばななさんの新刊『イヤシノウタ』を手に取り、

ぱらぱらと読んで、

ああ・・・・と、

また、大事なものを思い出した気がしました。





別に、出世しなくていいし、
世間的肩書も、ご身分も、
もう、いっかな~っておもう。

ゴリゴリ、競争で、
反骨精神で、
そういうの追いかけるのは、もう違うって実感している。

文化、感性、美が感じられないのなら、
何の魅力も感じられない。


それより、
人生の中で、
きらりと光る喜びの結晶を、
数少なくても、
作っていくこと。

そういうものを、残していくことのほうが、
この人生で、やりたいこと、
って気がしている。

一生のうちで、
数点でもいいから、
じぶんが心から満足する、
じぶんの想いや世界を、結晶化したものを、
作り出せたら。

きっと、満足。





google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top